東京マラソン2020一般参加は中止で参加費(参加料)の返金は?2021参加権利もネットの反応は?

スポーツ

東京マラソン2020一般参加の中止が決定

新型コロナウイルスの影響を受けて

決定されたようです。一般参加の方の

マラソンを中止ですがエリート選手のみ

マラソンは開催されることになっています。

そこで気になるのは参加料の返金などの処理や

手続きはあるのか?ですね。

さらにネットの反応もチェックしてみました!

スポンサードリンク

東京マラソン2020 規模縮小で一般枠中止

東京マラソン2020は感染が拡大している

新型コロナウイルスの影響を考慮し

大幅に規模を縮小することになりました。

 東京マラソン財団は17日、感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎の影響を考え、今年の東京マラソン(3月1日)について、一般参加者の出場は取りやめエリート選手のみで実施すると発表した。男子は東京五輪選考会を兼ねている。

引用:ヤフーニュース

現在の状況を考えるとあれほどの人数が集まる

イベントはさすがに色々と問題が起きる

可能性はあると思われます。

 

新型マクロウイルスの影響は身をもって感じるます。

連日報道されていますしマスクが品薄だったり

生活にも影響を及ぼしていますよね。

 

今回の東京マラソン2020の一般枠の中止は

苦渋の決断だったのではないかと思います。

1年間練習して頑張って来た人からすると

悔しい気持ちもあるかもしれませんが

何もなければいいんですけど何かあってからでは

遅いですからね。

 

最近では熊本で行われた熊本城マラソンでは

出場者にマスクが配布されたり、ハイタッチの

自粛を呼び掛けたりしていました。

東京マラソン2020 参加料(費用)の返金は?

そこで気になるのが参加費の返金はどうなる?

という事ですね。

結論から言うと「参加料の返金はなし」という事です。

規約に基づき、参加料、チャリティ寄付金は返金しない。特例として来年大会の出走権を与えるが、来年エントリーする場合は別途参加料が必要となる。東京マラソンの参加料は国内が1万6200円、海外が1万8200円。

参加費1万6200円払って1年間頑張って来たのに。

倍率は11倍という事なので勝ち取った人に関しては

悔しい思いがあるでしょうね。

 

規約に基づきということですが規約には

「積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません」

となっていたようです。

 

新型コロナウイルスなんて予想できなかったでしょう。

規約には入ってないんですけどやむをえない状況と

いう意味では返金もあっていいのでは?

と個人的には思いますけどね。

 

特例として来年大会の出走権は与えられるそうですが

その場合も別途参加料が必要となるとは何とも。。。

東京マラソン2020 規模縮小でネットの反応は?

今回の東京マラソン2020の規模縮小による一般参加者の

中止に関してネットではどんな反応があったのでしょう?

と規約にはあるものの賛否あるようです。

もちろん準備にかかる費用はものすごくかかるでしょうし

そう考えると全額返金は無理かもしれませんが

タオルとかTシャツとかメダルとかあるのなら

廃棄とかもったいないし記念にほしい!

と思う人も多いかもしれませんね。

 

普通はないと思うんですけど倍率が物凄い

ですからね。個人的な意見です。

スポンサードリンク

まとめ

東京マラソン2020の新型コロナウイルスに影響による

規模縮小。一般参加者の中止について

返金やネットの反応などチェックしてみました。

これだけ問題になっている新型肺炎ウイルスの

影響を考えると仕方ないと思いますが

特例として今後いろいろな対応があるかもしれません。

ただ人員とか時間とか考慮すると難しいのかな~

というのが正直なところかもしれないですね。

コメント