岩下尚史(ハコちゃん)の経歴は?オネエで自宅が豪邸!?結婚は【徹子の部屋】

タレント・モデル

着物を着てテレビでパーソナリティや

コメンテーターとして活躍中の

ハコちゃんこと岩下尚史さん。

大河ドラマにも出演したことがある

岩下尚史さんですがオネエキャラ?

で仕事は俳優?作家?とミステリアスな感じ。

今回はハコちゃんこと岩下尚史さんについて

経歴や自宅、結婚しているのか?など

調べてみました。

スポンサードリンク

岩下尚史(ハコちゃん) プロフィール経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩下尚史(@iwashita_hisafumi)がシェアした投稿

岩下尚史(いわした ひさふみ)

生年月日:1961年6月28日

出身:熊本県菊池市

國學院大學客員教授

國學院大學文学部を卒業後は

新橋演舞場株式会社へ入社。

企画室長として劇場創設の母体である

新橋花街主催「東をどり」の制作に携わります。

幕末から平成にいたる東都の花柳界を調査研究し

社史『新橋と演舞場の七十年』をまとめます。

 

退職後2007年

『芸者論:神々に扮することを忘れた日本人』

を発表すると第20回和辻哲郎文化賞を受賞。

 

伝統文化評論家としてホンマでっかTVにも

出演され注目を集めるとその後色んなTV番組で

コメンテーターとして出演されています。

 

注目されるのはその言葉遣いで

オネエ疑惑も浮上しています。。。

岩下尚史(ハコちゃん)はオネエ?

オネエ疑惑が上がっている岩下尚史さん。

本人は否定しているようですが

疑惑は晴れないですよね。

 

物腰柔らかな口調なのでそう思われがちですが

実際は?

 

ご本人は男の中の男で、恋愛対象も女性だと

語っているようなので、そうなのでしょうが。

 

もともと博学でいらっしゃるのもありますが

オネエキャラのおかげで現在のお仕事も

あるのではないか?とも思いますね^^

岩下尚史 なぜハコちゃん?

作家でコメンテーターとしても活躍し

NHK大河ドラマにも俳優として出演した

岩下尚史さん。

 

ニックネームはハコちゃんと呼ばれています。

お名前は岩下尚史(いわした ひさふみ)さん

なのになんでハコちゃんなの?

由来も気になりますね。

 

岩下尚史さんがハコちゃんと呼ばれているのは

岩下尚史さんは一人っ子で小さい頃から

能や歌舞伎に新派劇、さらには声曲舞踊などを

たしなんでいらしたそうで

お坊ちゃまだったようです。

そう「箱入り息子」として育ったので

ハコちゃん」と呼ばれるようになったとか。

テレビ出演時に「ハコちゃんです」と

自己紹介するようになったことで

ハコちゃんという呼び名がついたんですね。

岩下尚史 自宅が豪邸

岩下尚史さんの自宅が豪邸という

情報がありました。

岩下尚史さんの自宅は青梅にあり

築100年500坪の住宅を購入して

リフォームされたんだそうです。

岩下尚史 結婚は?

箱入り息子のハコちゃんこと岩下尚史さん。

結婚されているのかも気になりますね。

岩下尚史さんは現在独身のようです。

 

独身で豪邸にお住まいとは贅沢な

感じもしてしまいますが

オネエキャラとも言われているので

恋愛対象も男性なの?

と思ってしまいますがそうではなかったですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は作家でコメンテーターなど大活躍の

おねえキャラ岩下尚史さんについてみてきました。

ハコちゃんと呼ばれるのは箱入り息子だったから

ってなかなか自分で言わないと思いますが

いいキャラされてますよね^^

本業の作家の活動にも注目したいと思います。

2020年1月14日の徹子の部屋では豪邸だと

言われる自宅を公開されるようなので

こちらも楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>新着記事はこちら<<

コメント