オノマトペ研究家の藤野良孝さんの経歴は?魔法の言葉「オノマトペ」の効果とは?【あさイチ】

ニュース・新聞
  -->

藤野良孝(ふじの よしたか)プロフィール

出典:https://twitter.com/fujinoonomatope

生年月日:1977年11月11日

出身:東京都

血液型:B型

趣味:スイーツ巡り

オノマトペを活用した幼児・児童教育、スポーツ、コミュニケーション学(会話、プレゼン、人間関係)まで幅広く研究されています

藤野良孝 経歴

藤野良孝さんの経歴はどうでしょうか?

<現 職>
朝日大学経営学部准教授
早稲田大学国際情報通信研究センター招聘研究員

<学 歴>
国立大学法人総合研究大学院大学 文化科学研究科 博士課程修了

<学 位>
博士(学術)

<専 門>
専門:オノマトペ、音声言語学、パラ言語学、コーチ学、スポーツ心理学、教育工学

<略 歴>
2007年4月 独立行政法人メディア教育開発センター研究開発部助教
2007年4月 東京田中短期大学非常勤講師
2009年4月 朝日大学経営学部助教
2010年4月 朝日大学経営学部准教授
2011年4月 早稲田大学国際情報通信研究センター招聘研究員

 

引用:http://www.bebrave.co.jp/talent/fujino/index.html

見た目はやんわりとしていらっしゃる方でしたが経歴はやはり素晴らしいです。

しゃべり方などもとても優しそうな感じでした。

でもどこか明るく前向きな感じがして好感が持てましたね。

 

なんとなく「さかなクン」に通じるキャラクターの雰囲気もある気がしましたが、

藤野さんにしてもオノマトペにしても話題になりそうな感じがしています。

まとめ

オノマトペって不思議でしたね。

藤野さんもなんとなく不思議でしたね^^

あさイチではけっこう為になる方法が紹介されていましたね。

なんでも意識することが大事だとは思いますがオノマトペという魔法の言葉を使って知らない間に意識付けをするという感じでしょうか。

他の番組でも取り上げられるかもしれないですね。

それではこれからもザザッと記事を更新していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>新着記事はこちら<<

ニュース・新聞科学者
シェアする
マツの気になるミになるジャーナル

コメント

  1. 三文字(i e π)寄れば文殊のヒフミヨ より:

    ≪…コンコン と卵にひびを入れ…≫を、[円(球)にコンコン とひび(線)を入れ]で数の言葉ヒフミヨ(1234)について「すうがくでせかいをみるの」的に絵本で[コン](√)を夢想すると[コンコンコンコン]で数の言葉ヒフミヨが創られているとか・・・
     この物語の風景は、もろはのつるぎ (有田川町ウエブライブラリー)

  2. 岡潔数学体験館見守りタイ(ヒフミヨ巡礼道) より:

     ≪…オノマトペという魔法の言葉を使って知らない間に意識付けをする…≫コトは、数学の基となる自然数(数の言葉ヒフミヨ(1234))を大和言葉の【 ひ・ふ・み・よ・い・む・な・や・こ・と 】からの送りモノとして眺めると、コンコン(離散性) グルグル(連続性) から時間軸(実数直線)上に自然数を落とし込める。

     この風景は、「数のヴィジョン」の[絵本とわたしの物語展]のように、福本友美子訳シリーズの「ひよこのコンコンがとまらない」を「すうがくでせかいをみるの」的に眺望すると、『自然数(ヒフミヨ)のコンコンがとまらない』となり、[絵本の力]から[数え歌]を詠い続ける。

     「数のヴィジョン」のような自然数のキュレーション的な催しがあるといいなぁ~