さんまの転職DE天職と言う番組に元プロレスラーで

現在こけ玉職人として活躍している

起田高志さんが登場します

こけ玉職人なんて初めて聞きましたが

どういう職業でプロレスを辞めて

苔玉職人を始めたきっかけや

年収、工房(お店)の場所など

色々と調べてみました

スポンサードリンク

起田高志

出典:http://www.mossball.jp

生年月日:1981年5月23日

出身:青森県十和田市

三沢高校時代は野球部に所属していて4番で一塁手として活躍します

北海道工業大学に進学しアメリカンフットボールに転向。

キャプテンとして活躍し卒業後もオービックシーガルズで

日本一を経験するなど活躍していました

バリバリのスポーツマンですね

 

しかしプロレスラーになるという夢を持っていて

 

2007年に25歳で健介office(佐々木健介の事務所)に入門

2008年2月11日、南野武戦で念願のデビュー

しかし2011年7月10日にノア有明コロシアム大会での

試合中に右頬骨を骨折し、手術

日常生活は支障がないまで回復も選手として復帰は困難

判断し2011年末で引退

 スポンサードリンク

苔玉との出会い

怪我を機に引退し地元に戻った起田さん

夢半ばで途方にくれていた時

新たな生きがいを見つけます

奥入瀬渓流

毎朝の日課が奥入瀬の散歩になり

自然と触れ合う事に喜びを感じたようです

そしてこの自然を守り続けるために

「世界中に奥入瀬ファンを作る」と決め

苔による工芸品を製作する

「mossball工房」を開業しました

スポンサードリンク

苔玉職人

苔玉職人はその名のとおり

苔玉と作る職人さんのことですね

苔玉とは

苔玉(こけだま)とは、植物の根を用土で球状に包み、そのまわりにコケ植物を張り付け糸で固定したものであり、インテリアの一部などとして飾られる。コケ玉、草玉とも。引用:ウィキペディア

盆栽で用いられる手法の応用で盆栽の根元に苔を張り巡らせて

鉢をつかわないで盆栽を飾るようなもののようです

なかなか素人では難しいような気もしますが

興味がある方は調べてみると作り方なども

紹介されているようです

なかなか奥が深そうですね

起田高志 年収

あまり聞きなれない苔玉職人という職業ですが

年収はどのくらいなんでしょうか?

情報はありませんが

2012年に開業され5年目に入ってらっしゃるので

それなりに収入はありそうです。

情報発信もブログやSNSを利用して

しっかりされています。

今回のTV出演で注目も集まると思います

年収もさんまさんに聞かれるかもしれませんね!

とにかく夢だったプロレスラーをケガで引退し

こけ玉職人になった起田高志さん

とても魅力のある職業だと思います

こんど苔玉挑戦してみようと思いました

スポンサードリンク

工房 場所

最後に気になるお店の場所の情報です

奥入瀬モスボール工房

住所 〒034-0301
十和田市大字奥瀬字栃久保183
奥入瀬渓流館内

TEL 0176-74-1233
MAIL ok@mossball.jp

定休日 火曜日
営業時間 9:00~16:30

苔玉の他にひょうたんランプや各種制作体験教室などをされているようです

詳しくはHPで⇒http://www.mossball.jp/

まとめ

さんまの転職DE天職に登場する元プロレスラー起田高志さんについて調べてみました。夢だったプロレスラーはケガで断念しましたが苔玉と出会って新たな夢ができたようです。「世界中に奥入瀬ファンを作る」応援したいと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓他にも気になる記事はありませんか?↓