松岡修造の娘(松岡恵)が宝塚合格!出身高校や修造の妻は?松岡家は宝塚一家?

スポーツ

元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんの娘

松岡恵さんが宝塚音楽学校に合格したっていうニュースが入ってきました。

松岡修造さんに娘がいて宝塚目指してたなんて知らなかったので、

今回は松岡修造さんの娘、松岡恵さんについてや

松岡さんの家族について調べてみました。

 スポンサードリンク

松岡修造 プロフィール

生年月日:1967年11月6日

出身:東京都

血液型:AB型

身長:188cm

熱血漢で有名な松岡修造さん。

元プロテニスプレーヤーで現在は

スポーツキャスターや解説者として

活躍されていますね。

 

オリンピックなどでも熱血応援したり

あのテニスプレーヤー錦織圭を

指導したことでも有名ですね。

日本で知らない人はいないんじゃないでしょうか?

その娘さんが宝塚音楽学校に合格されたようですね!

松岡恵(松岡修造の娘)

今回宝塚に合格したのは松岡修造さんの娘さんの松岡恵さん

まずは、本当におめでとうございます!

とっても綺麗な方ですね!

 

松岡恵さんには兄弟がいて

長女:恵(めぐみ)

長男:修(しゅう)

次女:笑(えみ)

父:修造、母:惠美子

という家族構成のようです。

 

宝塚を受験しているというニュースは実は以前情報番組などで流れていたんですね。

知りませんでした。

 

恵さんがもともと通っていた高校も気になりましたが、ちょっとわかりませんでした。。。

 

松岡恵さんは去年も宝塚音楽学校を受験していて残念ながら2次試験で不合格になっていたそうですね。

かなりの難関らしいので一発合格って難しそう。。

そんなすさまじい倍率の宝塚の受験、今回松岡修造さんの娘、松岡恵さんは1042人が受験し40人が合格という超難関を突破したんですね!

その倍率約26倍!!

 

ネットでは裏口だとか、コネだとかいう噂もあるようですが絶対にそんなことはないと思いますね

努力の賜物ではないかと思います。

 

これから2年間歌やダンス、日本舞踊などのレッスンをして初舞台を踏むことになるそうです。

松岡修造さんのコメントが楽しみですね!

お父さん嬉しすぎて号泣するんじゃないでしょうか・・・

なんか、目に浮かぶんですがww

追記)

松岡修造さんは自身のHPで娘の恵さんに向けエールを送っています。

娘には、創始者である小林一三さんのお言葉、

『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に

日々邁進してほしいと願っています。

 

父親としての一番の願いは、健康に、そして僕のように周りの人たちに迷惑をかけないで、

感謝の思いを大切に自分の道を歩んでほしいです。

 

宝塚の血が流れる  父、

そして応援してくれた沢山の人に向け

感謝の言葉も語っていますね。

気になるのは宝塚の血が流れる父・・・?

スポンサードリンク

松岡修造の妻は?

出典:http://yunknown.com/post-2498-2498

松岡恵さんのお母さん、松岡修造さんの奥さんは元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん

本名:松岡 惠美子

生年月日:1966年2月2日

血液型:O型

ハーバード大学教育大学院メディア専攻修士課程修了というエリートの方なんですね!

二人の出会いは1994年、松岡修造さんがウィンブルドンの大会に出場することが決まったころだそうです。

 

元アナウンサーの恵美子さんと元テニスプレーヤーの修造さん

アナウンサーとスポーツ選手という組み合わせの夫婦ってホント多いですよね

とくにプロ野球選手と女子アナってよく聞きます。

奥さんも娘さんの合格は喜んでいるでしょうね!

 

修造さんのコメントにあった宝塚の血とはなんなのか?

スポンサードリンク

松岡修造と宝塚の意外な関係

松岡修造さんと宝塚って無縁のような感じがしますが

意外な関係があるようです。

松岡修造さんの曾祖父の小林一三さんは阪急グループの創始者、そして宝塚歌劇団の創設者でもあるんですね!

修造さんの母親は宝塚44期の千波静さんだそうでめちゃくちゃ宝塚と関係深かったんですね。

 

ちなみに父親は『君の名は。』や『シン・ゴジラ』で大ヒットを飛ばした東宝の名誉会長だそうです。

知らなかった~

 

あの熱血漢は宝塚の演技にも共通するところがあるんでしょうね

宝塚の血ってそういう事なのかもしれませんね!

 

調べてびっくりの松岡修造さんファミリーと宝塚との関係でした。

スポンサードリンク

まとめ

松岡修造さんの娘、松岡恵さんが

超難関の宝塚歌劇団へ合格された

というニュース。

びっくりしましたがこれから2年間

みっちり宝塚で稽古を積みデビューする日が

楽しみですね。

初舞台の時はまた大きな話題になりそうです。

これからの活躍に期待しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>新着記事はこちら<<

コメント