セブンルールにブックデザインで

出版社からオファーが殺到しているという

デザイナーの佐藤亜沙美さんが登場

数々並ぶ本屋さんの中で

つい本を手に取ってみたくなるような

そのデザインは遊び心に溢れていながら

細部までこだわりがあるそうです

今回はそんな佐藤亜沙美さんや

旦那さんの滝口悠生さんに

ついて調べました

<目次>

  • 佐藤亜沙美 プロフィール・経歴
  • 佐藤亜沙美 作品
  • 滝口悠生 佐藤亜沙美の夫 
  • 佐藤亜沙美 セブンルール
  • まとめ

スポンサードリンク

佐藤亜沙美 プロフィール・経歴

生年月日:1982年

出身地:福島県

高校卒業後に上京、デザインの専門学校に入学

しかしなんとなく授業に疑問を覚えたという

佐藤さんは1年で中退してしまいます

 

どうせならとデザイナーとして働き

勉強しようと決心すると

まず最初に印刷の分解まで見ることのできる

会社入社し現場を知ります

 

その会社では広告のカタログなどを担当

スピードとノウハウを身に付けた佐藤さんは

その後出版社のインハウスデザイナーに転職

 

そこでは誰にも指示されずに自分の意志だけで

形にして仕事を動かせるようになるようにと

目標をもって数多くのデザインを手がけます

 

そんな中、日本を代表する装丁家・祖父江慎さん

の作品に惹かれ講演会などにも足を運ぶと

祖父江慎さんの会社コズフィッシュに

借り出されるようになり、後に入社

 

 

2014年には自身でSATOSANKAI

( サトウサンカイ)を設立し活動されています

スポンサードリンク

佐藤亜沙美 作品

人気ブックデザイナーの佐藤亜沙美さんの

作品は最近では

森山直太朗『嗚呼』のCDジャケットデザイン

書籍では

    • 『圏外編集者』
    • 『に・褒められたくて』
    • 『食品サンプル百貨店』

などがあるんだそうです

他にも

 

滝口悠生 佐藤亜沙美の夫

生年月日:1982年10月18日

出身:東京都八丈町

最終学歴:早稲田大学第二文学部中退

佐藤亜沙美さんの旦那さんは小説家の

滝口悠生さんとおっしゃいます

代表作は『死んでいない者』で2016年に

第154回芥川龍之介賞受賞されています

受賞歴としては

  • 新潮新人賞(2011年)
  • 野間文芸新人賞(2015年)
  • 芥川龍之介賞(2016年)

2人の出会いは佐藤亜沙美さんが

旦那さんの作品を読んで

「ひと読みぼれ」したんだとか

その作品はまだ小説家になる前だったそうなので

その才能に気付いておられたんでしょうか?

 

夫婦で本に関わる仕事をされているとは

驚きです。

セブンルールではプライベートな部分も

密着されるようなので必見ですね!

佐藤亜沙美 セブンルール

佐藤亜沙美さんのセブンルールは?

  1. デザインはページ番号から
  2. 読者像を1人に絞る
  3. ランチは必ず小松さんのお弁当
  4. 家事はしない
  5. 休日はカレー屋とスーパー銭湯
  6. プレゼン資料は手描きで
  7. 一冊にひとつは遊びを入れる

まとめ

ブックデザイナーの佐藤亜沙美さん

旦那さんも小説家ということで

本に関わる仕事をされています

最近はなんでもネットで読めたりしますが

本屋に言ってデザインを眺める

っていうのもいいかも知れません

紙の質感や仕掛けは手に取らないと

わかりませんからね