猛毒カビ「アフラトキシン」って?ケニアの事件とは?ピーナッツが原因?【何だコレミステリー】

グルメ・料理

アフラトキシン 食品

アフラトキシンが検出されたことがある食品は

  • トウモロコシ
  • 落花生
  • 白コショウなどの香辛料
  • ピーナッツ及びピーナッツバターなどの加工品
  • そば粉などの穀類及びその加工品
  • ナツメッグ
  • ハト麦
  • ピスタチオナッツ
  • 製あん原料雑豆
  • ナチュラルチーズ

他にも大豆や小麦、米などの穀類にも汚染があるそうですが

頻度としては低いそうです

 

アフラトキシンが検出されたものは

すべて輸入食品であり、国産品からは検出されていないそうです

 

アフラトキシンはたいへん熱に強いらしく

一度作られるたら、通常の加工調理過程では

ほとんど分解されず除去することが困難なんだそうです

 

熱処理で分解できないってちょっと怖い・・・

 

しかしながら検出されたアフラトキシンは大半は微量で

すぐに人の健康に影響を与える心配はない量だそうですよ

スポンサードリンク

まとめ

梅雨が近づいてきてカビとか気になる時期に

なりますが猛毒カビとか聞くとビビッてしまいますね。

さすがにカビが生えた食べ物は食べませんが

輸入された食品もしっかり検査されているようですし

特に心配する必要もないのかな?

海外とかに行く機会があったらちょっと気になるかも

最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓他にも気になる記事はありませんか?↓

コメント