モルックのルールや道具は?さらば森田が日本代表!?自作もいいかも!【ガキ使】

スポーツ

ガキの使いやあらへんで!で「モルック

というスポーツが紹介されます。

さらば青春の光森田哲矢さんがその魅力を解説!

さらば青春の光の森田さんはモルックの日本代表として

世界大会に出場しています。

意外な面白さに浜田さんもどハマりする!

ということなので流行りそう!

今回はモルックのルールや道具について

調べてみました。

【関連記事】

笑ってはいけない「おもしろマスク」はどこで買える?【ガキ使】

<目次>

  • モルックとは?
  • モルック ルールは?
  • モルック 動画
  • モルック 道具は通販?自作も出来る?
  • モルック 日本代表 さらば青春の光 森田
  • まとめ

スポンサードリンク

モルックとは?

モルックとはフィンランドで誕生した

投擲(とうてき)競技。

4人1組のチームで争うスポーツで

1から12までの数字が書かれた木製のピンが

立ててあって、それをモルックと呼ばれる

木の棒を投げて倒し得点を競います。

 

4人1組のチーム戦もありますが

個人戦もあるみたいですね。

モルック ルールは?

モルックのルール

まず1~12の数字が書かれた木の棒

スキットルを固めて立てておきます。

出典:https://molkky.jp/molkky/

そこにめがけて

モルックとよばれる木の棒を投げます

そして1~12の数字が書かれたスキットル

倒していくんですが

 

倒れたのが1本だけの場合

そのスキットルに書かれている数字が得点に。

 

2本以上倒れた場合

倒れた本数が得点となります。

先に50点ちょうど獲得したチームが勝利となります。

※スキットルは完全に地面に

倒れていないと得点にはなりません。

 

点数が50点を超えてしまった場合

25点からやり直しとなります。

 

倒れたスキットルはその場で立てて

再開されるのでスキットルがどんど

遠くに広がっていき当てるのも難しくなるし

50点ちょうどを目指さないといけないので

頭を使う競技なんですね。

モルック 動画

モルックをしている動画をいくつか。

 

森田さんの世界大会の様子

ついつい引き込まれてしまいました!

1本も倒せない失敗が3回続くと失格に。

同点の場合はサドンデス的なモルックアウト

という方法で勝敗が決められます。

 

モルックのルールを知らないこのやり方も

面白いかもしれません^^

体力をつけようと思うならこのルールで!


モルック 道具は通販?自作も出来る?

とても興味深いモルックですね。

やってみるともっとハマるかもしれません。

モルックの道具は通販でも購入できます。

 

Amazonはこちら

TACTIC モルック (日本正規品)

ガキ使で紹介された後は売り切れたり

若干高い!と思った人も多いかも・・・

 

そんな人は道具を自作することも

出来なくはなさそうですね。

木の棒があれば出来そうなので簡易的な

練習用モルックグッズを作ってみるのも

いいかも知れません。

Amazonでモルックを購入

楽天でモルックを購入

モルック 日本代表 さらば青春の光 森田

モルックの世界大会に出場した

さらば青春の光の森田さん。

きっかけはテレ朝「お願い!ランキング」

という番組の企画「ネタサンド」で

サンドウィッチマンに

「何かいい趣味はありませんか?」

聞いたところ富澤さんがモルックと答え

知ったんだそうです。

 

その後、森田さんは芸人のタイーク金井さんと

一緒にモルックの東京カップに出場

そこでいきなり4位に入賞

 

さらに、システマやってるんで!の芸で

注目を集めた芸人、元ピーマンズスタンダードの

みなみかわさんと一般の山口順さんで

「キングオブモルック」を結成し

世界大会に挑んだんですね。

 

この世界大会挑戦にはクラウドファンディングを

利用し300万近くの資金を集めて参戦。

サンドウィッチマンもスポンサーとして

参加しているようでユニフォームには

「サンドイッチマン」や「富澤」の文字も^^

スポンサードリンク

まとめ

ガキ使で紹介されたスポーツ「モルック」

についてチェックしてみました。

簡単そうなんだけど奥が深いスポーツ。

技術もそうですが頭も使うスポーツって

ハマっていきますよね^^

今年はオリンピックイヤーですが

こういったマイナースポーツも

どんどん増えて行って欲しいですね。

【関連記事】

笑ってはいけない「おもしろマスク」はどこで買える?【ガキ使】

コメント