白塗りメイクの芸者風衣装でブレイクしたコウメ太夫。最近テレビで見なくなりましたね。そんな小梅太夫さんがめちゃイケに登場です。今回のめちゃイケはお笑い芸人トライアウトとして一発屋として姿を消した芸人が再起を目指しネタを披露するようです。ウケなければお笑い芸人としての戦力外通告がされるみたいですが、今回はコウメ太夫さんについて振り返ってみます

<目次>

  1. コウメ太夫(小梅太夫)プロフィール
  2. コウメ太夫 芸風
  3. コウメ太夫 ブレイク時期と月収
  4. コウメ太夫 家族
  5. まとめ

スポンサードリンク

コウメ太夫(小梅太夫) プロフィール

出典:http://yononakanews.com/entame/6190/

本名:赤井 貴(あかい たかし)

生年月日:1972年4月20日

出身:東京都杉並区

血液型:O型

身長:176cm

お母さんは元女優の深見恵子さんだそうです。

お母さんって女優さんだったんですね~

 

1995年に梅沢富美男劇団に所属して明治座などの舞台にも立っていたんだとか

その当時女形をしていた時期もあるそうです。

1997年にお笑いに転身。2000年から「赤井貴」名義で外山某とJUMP‐2000というコンビを組んでいたそうです。ボケ担当

その後コンビを解消して、単独でアマゾネースと名乗ってたんだとか

2005年に日テレ系『エンタの神様』に初出演して「小梅太夫」としてブレイクしたんですね。

2009年に芸名を「コウメ太夫」に改名されています。

 

あの格好は梅沢富男さんのところにいたのが元になっているのかな?

スポンサードリンク

 

コウメ太夫 芸風

芸風は顔を白塗りし芸者のような女形のスタイルで、不幸ネタを歌にして披露し最後は「チックショー!」のフレーズで終了します。

『コウメ日記』というコウメ太夫の一連の漫談スタイルがあるんですね

着物に、白塗りとゴム製かつらというスタイルで、甲高い声と変な裏声。

一度見たら忘れないあのスタイルはインパクト大ですよね

キャラクターとしては確立されていると思います

 

「わたくし、狂い咲き小梅太夫と申します。徒然なるままに書き散らした『コウメ日記』、お聴き下され~」との口上でネタが始まります。

ネタ冒頭で流れるイントロは中村美津子の「島田のブンブン」だそうです。

動画をどうぞ

 

そんなコウメ太夫さんのブレイクの月収と貯金がすごい!

コウメ太夫のブレイク時の貯金額と家族については次のページで