浜田桂子(絵本作家)の経歴や作品は?『へいわってどんなこと?』内容は?【あさイチ】

アーティスト

あさイチのプレミアムトークに絵本作家

浜田桂子さんが出演されました。

浜田桂子さんは『へいわってどんなこと?

という絵本を描かれていてその作品は

日本・中国・韓国などでも読まれています。

今回は浜田桂子さんと浜田さんの作品

などについて調べてみました。

スポンサードリンク

浜田桂子 プロフィール・経歴

出典:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/index.html

浜田桂子(はまだ けいこ)

1947年生れ

出身:埼玉県

桑沢デザイン研究所卒業。

卒業後は田中一光デザイン室に勤務されます。

その後、絵本作家として活動を始めます。

絵本作家として最初の作品は

『あやちゃんのうまれたひ』で

37歳の時の作品になります。

 

絵本作家としてデビューする前は

専業主婦として子育てに専念されていたそうで

その頃に絵本の読み聞かせをしていて

絵本の構想も練られていたようです。

浜田桂子 『へいわってどんなこと?』

浜田桂子さんの作品『へいわってどんなこと?』は

日本・中国・韓国が共同して作り上げた作品

で「日・中・韓 平和絵本」シリーズの

第一弾になります。

 

平和に対する考えを絵本によって

子供達に知ってもらおう。

子供だけではなく大人も読んで

平和や戦争について考えさせられる

作品になっています。

 

あさイチで一部紹介されていましたが

すごく当たり前の事ですが絵本で

読んでもらうと自然とへいわっていいな

と思えると思いました。

 

へいわってどんなことの一部

へいわって

ぼくがうまれて よかったって いうこと

きみが うまれて  よかったっていうこと

そしてね、きみと ぼくは ともだちに なれるっていうこと

 

浜田桂子 絵本 作品は?

浜田桂子さんはこれまでに数々の作品を

描かれてきました。

浜田桂子さんの絵本を楽天でチェック!

浜田桂子さんの絵本をAmazonでチェック!

 

その作品を一部紹介します。

『あそぼうあそぼうおとうさん』

子供たちはお父さんと遊びたがっています。

どんな遊びをしてもパパなら平気!?

 

『てとてとてとて』

手遊びや、手話、点字などといった

手や指を使ったコミュニケーションが満載。

 

『ぼくがあかちゃんだったとき』

お父さんに読んでもらいたい1冊!

 

『ぼくのかわいくないいもうと』

お兄ちゃんと妹の関係がたまらない。

やっかいだけどほっとけない!?

 

『あめふりあっくん』

泣き虫あっくんを応援するお友達

リアルなあるあるがそこに!?

スポンサードリンク
 

まとめ

今回は絵本作家の浜田桂子さんについて調べました。

小さい子どもさんがいらっしゃる方は読み聞かせとか

する機会も多いと思います。

浜田さんの作品は子供だけではなく大人も

読んで心打たれるような作品が多く

とても温かい気持ちになれうような作品

ばかりなんですね。

これからも心温まる絵本をもっとたくさん

生み出して欲しいと思います。

コメント