どうもマツです

日曜の朝に放送されている

ボクらの時代は、毎回色んなジャンルで

活躍するゲストが集まり様々なトークが

繰り広げられるトーク番組ですね

肩の力を抜いた感じのトークが

日曜の朝の雰囲気にぴったりです

8月27日のトークゲストは

武部聡志、西川貴教、高見沢俊彦の三人。

今回はその中で武部聡志さんに

ついて調べてみようと思います

<目次>

  • 武部聡志 プロフィール
  • 武部聡志 経歴
  • 武部聡志 家族(妻、子供)は?
  • 武部聡志 ももクロとの関係は?
  • まとめ

スポンサードリンク

武部聡志(作曲家)プロフィール

出典:https://blogs.yahoo.co.jp

武部 聡志(たけべ さとし)

生年月日:1957年2月12日

出身:東京都

血液型:A型

麻布高校、国立音楽大学卒業

株式会社ハーフトーンミュージック代表取締役会長

 

武部聡志さんは作曲家、編曲家

そして音楽プロデューサーや音楽監督として

活躍されています

 

キーボード奏者としても活動されており

音楽ユニット「kōkua」のメンバーでもあります

kōkuaはNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』の

主題歌のためにスガシカオさんらと結成したユニット

スポンサードリンク

武部聡志(作曲家)経歴

国立音楽大学在学中にもキーボードや編曲で

活動していた武部さんは

1977年にかまやつひろしさんのバックバンドに

参加しその後、清水健太郎さんや久保田早紀さん

寺尾聰さんなどのバックバンドにも参加します

 

1983年には松任谷由実さんのコンサートの

音楽監督を担当し

1985年に斉藤由貴さんのデビュー曲

「卒業」を編曲しヒット

その後も編曲やプロデューサーとして

数々のヒット曲を手がけました

 

1990年以降はKATSUMIをプロデュースし

デビューさせると大黒摩季や今井美樹などを

担当する音楽プロデューサーとして

本格的に音楽プロデューサーの道へ

2002年には一青窈のデビューをプロデュース

 

2004年からフジテレビ『僕らの音楽』と

『FNS歌謡祭』の音楽監督も務めておられます

 

どちらかというと裏方でしょうが

すばらしい経歴をお持ちの方なんですね

スポンサードリンク

武部聡志 家族(妻、子供)は?

武部聡志さんは2017年で60歳

結婚されて子供、もしかすると

孫がいるかもしれない年齢です

 

しかし御家族についての情報は

まったく見つかりません・・・

 

日本の音楽業界の第一線で活躍されてきた

武部さんは独身なのかもしれませんね

なので子供さんもまだいらっしゃらないのでは

ないでしょうか?

スポンサードリンク

武部聡志 ももクロとの関係は?

さて武部聡志さんを調べると

「ももクロ」というワードも出てきます

 

もしかしてももクロもプロデュースされたの?

と思いましたがプロデュースではなく

ももクロのライヴの音楽監督そして

生バンド「ダウン・タウン・ももクロ・バンド」

でバンド・リーダーを務め演奏もされていたそうです

 

現在はももクロの将来を考え彼女たちの為に

バンドから離れることを決意し

ももクロの現場からは離れたと話されて

いるんだとか

 

もともとはライブもカラオケで歌っていたという

ももクロが生バンドで歌えるようになったのは

武部さんの力があったからこそだと

ファンは感謝しているようです

 

武部さん自身も、ももクロの進化を

実感されたようで、これから若い世代に

バトンを渡されたんですね

スポンサードリンク

まとめ

ボクらの時代に出演される音楽監督、編曲家

武部聡志さんについてみてきました

あまりしらなかったのですが

経歴を見てびっくりですね

今の日本の音楽界に影響を与えている

方に間違いありません

これからももっと楽しい音楽を

聞かせてほしいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にも気になる記事はありませんか?

スクロールしてみて下さいね^^