8月2日放送のマツコの知らない世界に120種類のおろし金を使う「おろしニスト」こと飯田結太さんが登場するそうです。番組説明には「食感が変わる…おろし金の世界!ジャキvsシャキvsふわ…大根おろしが驚きの変化!わさびもフワフワ」とありますがおろし金によってそんなに食感が違うのでしょうか?ところで飯田結太って誰?気になったので調べてみました。

 スポンサードリンク

飯田結太さんとは?

iida 出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/

大正元年創業の料理道具屋の老舗、飯田屋6代目。自ら天職と語るほど料理道具をこよなく愛する。テレビ・雑誌・漫画など多数のメディアで最新の料理道具や長く使える手入れ法を紹介。特にフライパンと便利グッズに関しては語り始めると止まらなくなる。トレードマークは蝶ネクタイ。

引用:https://yutaiida.wordpress.com/about/

東京の合羽橋にある料理道具屋、飯田屋の6代目でNHKの「ガッテン!」や「あさいち」などにも出演されているみたいです。

いい笑顔ですね~

料理道具屋の6代目ということで料理道具のことはなんでもお任せって感じでいろいろな料理道具を紹介されているみたいですね。

ちなみに飯田屋さんのHPはこちらです⇒http://www.kappa-iida.com/index.html

 スポンサードリンク

おろしニスト?

おろしニストとは聞いたこと無いですがおそらくおろし金を使い分ける人、とか大根おろしを美味しくおろせる人みたいな感じの造語で作られたと思われます。いいい

飯田結太さんの飯田屋さんのHPでは

例えば、おろし金。「大根をふわふわの粉雪のようにおろせるおろし金」や
「ワサビを香り豊かにクリームのようにすりおろしてくれる鮫皮おろし」
「生姜の繊維が残らないように切りながらおろせる生姜おろし」
「岩塩を均一にパラパラにおろすことのできる目が極小の岩塩おろし」
このようにおろし金一つとっても、料理や食材によって最適な道具は変わります。

という紹介があるように、ただおろし金といってもいろんな用途、食材に適したおろし金が存在することが分かります。

普段使っているおろし金ってほとんど1種類だと思います。というか家には1種類しかありません。

しかし飯田結太さんは今回おろし金を変えて大根おろしをいろんな食感で楽しむ方法を紹介してくれそうです。

今まで大根おろしなんて全部同じって思っていましたが、おろし金で食感がかわるんであればちょっと気になりますね!紹介されたら買ってしまうかも知れないです。

たしかにいろんな種類のおろし金がありますね ⇒ 楽天市場のおろし金

まとめ

今回マツコの知らない世界に「おろしニスト」の飯田結太さんが登場ということでどんな人なのか調べてみましたが、たかがおろし金、されどおろし金といった感じで奥が深いんですね!

実際にどういう食感になるのかは番組を楽しみにしてみたいと思います。

包丁の紹介などもされています。

25年間研がなくていい!? 「男の包丁」はこう選べ!【日経トレンディネット】