3月9日放送の「あのニュースで得する人損する人」では「サイゲン大介 VS 一流シェフ  コンビニ食材だけで本格ランチ対決」が放送されますね。今回サイゲン大介と対決するのは加藤政行さんというイタリアンシェフ。サイゲン大介が初黒星か?と番組HPで紹介されているのでかなり美味しいランチが出来た模様。そんな加藤政行シェフについて調べてみました。

<目次>

  • 加藤政行
  • 加藤政行 師匠 落合務
  • 加藤政行シェフのお店は?
  • まとめ

スポンサードリンク

加藤政行

出典:http://profile.ameba.jp/sentobene

1965年埼玉県生まれ。

日本イタリア料理協会 会長である落合務シェフの愛弟子。

師匠の落合務シェフの店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」は「日本一予約の取れないレストラン」として知られています。

そんな一流シェフのもとで修業した加藤政行シェフ

 

以前開催していた料理教室は大人気で「予約が取れない料理教室」と呼ばれていたんだそうです。

落合シェフの元で修行して独立したのは2011年

修行から10年くらいで独立する人が多い中加藤シェフは独立するまで20年くらいかかったそうです。

その修行は長くもあったんですが本人は自分の弱い部分を完全に克服するためにしっかりと修行されてきたようです。

でもそのおかげで自信をもって自分の店を持てる!と思ったタイミングで独立できたんだそうです。

その結果、料理教室を開くと予約が取れないほど人気になったんでしょうね

加藤シェフは家庭的なイタリアン料理が得意なんだそうです。

 

今回の得する人損する人ではコンビニの食材を使って絶品ランチを作ってくれるようですね!おにぎり砕いて作るんだそうですよ

コンビニおにぎりがたった5分で本格リゾットになるそうです。

しかもMCの後藤さん、羽鳥さん絶賛のようです!これは必見ですね

 

加藤シェフはイタリアンに関する著書も執筆されています。

 

スポンサードリンク

落合務

1947年10月30日生まれの料理人

銀座のイタリア料理店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」のオーナーシェフで日本イタリア料理協会会長でもあります。

日本でイタリアンシェフといえば落合シェフといって過言ではないでしょう。

テレビ・雑誌などにも多数登場されていますね

 

そんな有名な落合シェフが料理人になろうと思ったきっかけは父親と一緒に行った近所の中華そばやで見た光景だったそうです

厨房で炒飯を作る手際の良さが魔法のように見えて釘付けになったんだとか。

トントンとネギを刻む速さ、中華鍋を振るえば飯粒が天を舞うという不思議な光景が目に焼き付いているそうです

イタリアンの巨匠のルーツは中華だったんですねww

 

さてそんな師匠のもと修行し一流シェフとなった加藤シェフ

加藤政行シェフのお店はどこ?次のページで