スポンサードリンク

堀井雄二 仕事場

さて今回のドキュメンタリー番組『ドラゴンクエスト30th~そして新たな伝説へ~』で公開された堀井雄二さんの仕事場がいかにもドラクエ風でドラクエファンからは絶賛の声が多数上がっていました。

 

 

どんな仕事場かツイートしている人も!

 

 

 

武器も飾ってありました!  伝説の剣も!

対談した山田さんも興奮気味でしたね~

これはドラクエファンにはたまらない場所ですね!そういう私もファミコン世代でドラクエにドハマりしてました。

社会問題になったドラクエ3の時はまだ学生でしたので母親に店に並ぶよう頼んだような記憶がww

それにしても、なんというワクワクする環境でお仕事されてるんでしょうか、羨ましい・・・というか生みの親ですからね!

 

スポンサードリンク

 

とりやまあきら イラスト

番組ではドラゴンクエストのすべてのキャラクターデザインを手掛ける鳥山明さんからのメッセージ&イラストも公開されました。

イラストは勇者の姿をした鳥山明さんのロボキャラが両手を上げているイラストでしたが、それと共に寄せられたメッセージがなんとも愚痴っぽくて・・・

メッセージには

ほんの軽い気持ちで、
キャラクターデザインを引き受けたドラゴンクエスト。
「ロールプレイングゲームってなに?」
そんな時代でした。

まさか、その後30年以上も続くなんて
思ってもみませんでした。
正直、そんなに続くならお断りしていました。
同じようなことを続けるのってダメなんです。

最初は軽い気持ちで引き受けられたんですね!

たしかにRPGなんて言ってもわからない時代でしたもんね・・・

そしてドラクエシリーズのキャラクターデザインは楽しくもキツい仕事なんだそうです。。。。愚痴?そして

しかもファンタジーとはいえ、ある程度の時代設定を
はずしてデザインするわけにもいかず、
回を重ねる度にドンドンつらくなっていき、
まさに騙し騙し描いているような状況です。

騙し騙し描いているって鳥山先生・・・それであのクオリティ!

でも最後には

でも御心配なく。
引き受けた仕事は目一杯やる主義ですから
今度のドラゴンクエスト11も、
もちろん一生懸命頑張ってデザインしています。

世に出るのはまだ少し先でしょうけど、
どうぞお楽しみに。

鳥山明

 

とあり最新作のドラクエ11でのキャラクターデザインも楽しみになります

しかしながら、なんか相当苦労されたというのが伝わってくるメッセージでした・・・

 

 

たまに妙なデザインを楽しむとボツになるって、そのボツになったデザインもぜひ見てみたいですね!

いろんな思いはあるのかも知れませんが、もうドラクエと言えば鳥山明先生のキャラクターがないと成り立ちませんからね

それでもやはりキャラクターにはかなりこだわりも持たれているようですから次のドラゴンクエスト11ではどんな敵キャラが登場するのか楽しみですね!!

 

 

まとめ

それにしてもとってもゲームが好きな堀井雄二さんでした。今の仕事が転職だっておっしゃってましたけどそうだと思います。そして最後に堀井さんが書いたメッセージ「人生はロールプレイング」という言葉、「主人公はあなたで誰かの脇役じゃはない」というメッセージが響きました。

<<この記事の関連記事>>

【ドラクエの作曲家すぎやまこういちさんの記事はこちら】

最後まで読んでいただきありがとうございました!