どうもマツです

世の中にはどれだけのアイドルグループがいるのでしょう?

AKB48のような有名アイドルグループから地下アイドル

地方で活躍するローカルアイドルと様々です。

その中にでんぱ組.incというアイドルグループも

ありますね

でんぱ組.incをプロデュースしたのは

女性プロデューサーの福島麻衣子さん

その福嶋麻衣子さんがセブンルールに登場します

アイドルグループのプロデューサーといったら

やっぱり秋元康さんが一番に思い浮かびますが

女性のプロデューサーって意外ですね

今回は福嶋麻衣子さんについて見ていこうと思います

セブンルール その他の記事はこちら

<目次>

  • 福嶋麻衣子 プロフィール
  • 福嶋麻衣子 経歴
  • 福嶋麻衣子 結婚(旦那、子供)は?
  • 福嶋麻衣子 セブンルール
  • まとめ

スポンサードリンク

福嶋麻衣子 プロフィール

出典:ツイッター

福嶋 麻衣子(ふくしま まいこ)

生年月日:1983年8月10日

出身:東京都

血液型:A型

愛称:もふくちゃん

すごく若く見えますが現在33歳なんですね

そしてでんぱ組のプロデューサーということですが

裏方というよりは舞台に立ってもおかしくないような

気もしますね

福嶋麻衣子 経歴

福嶋麻衣子さんは3歳からピアノを習い始め

ピアニストになるために国立音楽大学附属音楽高校

ピアノ科に入学しクラシックピアノを学びます

 

しかしピアノを習うことに疑問を持ち

ピアニストの道はあきらめることに・・

 

そして別の道を探そうと芸術も学べる東京芸術大学

音楽学部音楽環境創造科に入学し

ノイズミュージックに関心をもったり

ディズニーなどのように大衆が熱狂する

コンテンツの力にも関心を持ちます

 

そこで「ポップカルチャーの歴史に残ることをやりたい」

と決意すると自分で勉強してサーバを立てて

「喪服の裾をからげ」というパフォーマンスプロジェクト

を立ち上げウェブ上で生配信を行います

もふくちゃんと呼ばれるのはこの為ですね

 

そしてオタクのコンテンツに熱中すると

コミケや同人イベントなどに行き始め

音楽ではニコニコ動画で巫女みこナースなどに

衝撃を受けたり、電波ソングやアニメソング、

アイドルソングへの関心も高まり

秋葉原という街自体に興味を持つようになります

 

大学を卒業後は、現代美術ギャラリーに就職します

そして出版業界でウェブの制作やグラビア雑誌、

ファッション雑誌の編集などを務めたそうです

 

後に知人と「秋葉原でライブハウスをやりたい」

と株式会社モエ・ジャパンを創立し、代表取締役社長に就任

2007年12月には秋葉原にライブ&バー

「秋葉原ディアステージ」を開店します

 

そこで手探りながらもでんぱ組(現:でんぱ組.inc)の

プロデュースを手掛ける事になったんですね

以後ディアステージを拠点に活動する

でんぱ組をプロデュースされているようです

 

可愛いルックスからはとてもプロデューサーという

イメージは湧きませんが、先見の目があるというか

若者の流行をキャッチするセンスと行動力が

ハンパない方なんだと感じますね

スポンサードリンク

福嶋麻衣子 結婚(旦那、子供)は?

福嶋麻衣子さんで検索すると妊娠や結婚

というワードが出てきます

福嶋麻衣子さんは結婚しているんでしょうか?

 

調べてみましたが福嶋麻衣子さんはまだ独身のようです

なので旦那さんや子供さんもいませんね

 

結婚や妊娠という情報の出所はよくわかりませんが

プロデューサーということで結婚もしてるのか?

という憶測がとんだのでしょうかね

福嶋麻衣子 セブンルール

アイドルグループのプロデューサー

福嶋麻衣子さん

流行を先取りするそのセンスには

どんなルールがあるのでしょう?

 

福嶋麻衣子さんのセブンルールは

番組を確認後に追記したいと思います

どんなこだわりがあるのか気になりますね

  1. 水曜日に予定を詰め込む
  2. アイドルの卵は骨格で選ぶ
  3. 仕事の決断は3秒で
  4. 週3回は朝サウナに行く
  5. ストレスが溜まる前にドライブする
  6. 怒ったあとは同じだけ褒める
  7. くよくよしない

とにかく決断の連続だと思いますが

スパッスパッと決断しくよくよせずに

突き進むその行動力

見習うべきルールがありました^^

スポンサードリンク

まとめ

でんぱ組incのプロデューサー福嶋麻衣子さん

若者の流行をいち早くキャッチし

今からの時代はこれが来る!と

若者に受け入れられるコンテンツを

プロデュースをする

行動力はすばらしいですね!

これから益々活躍されポップカルチャーの歴史に残る

一人となるのは間違いなのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【関連記事】

セブンルール その他の記事はこちら

>>新着記事はこちら<<