どうもマツです

火曜日放送のセブンルールに

世界が注目するピアニストの

アリス=紗良・オットさんが登場します

アリス=紗良・オットさんって

初めて聞きましたが

世界が注目するクラシックのピアニスト

のようです。

今回はアリス=紗良・オットさんが

ピアノを始めたきっかけや経歴

アルバムについて調べてみました

<目次>

  • アリス=紗良・オット プロフィール
  • ピアノを始めたきっかけがスゴイ!
  • アリス=紗良・オット 経歴
  • アリス=紗良・オット アルバム
  • アリス=紗良・オット セブンルール
  • まとめ

スポンサードリンク

アリス=紗良・オット プロフィール

出典:http://www.alicesaraott.com/photos/

生年月日:1988年8月

出身:ドイツ・ミュンヘン

 

アリス=紗良・オットさんはお父さんがドイツ人

お母さんは日本人のハーフです

お母さんもピアニストだそうです

 

アリスさんには妹もいて同じくピアニストの

モナ=紗良・オットさん

お母さんと妹と家族3人ピアニストとはスゴイ!

 

ドイツ語、英語、日本語が話せる

トライリンガルだそうです

ピアノを始めたきっかけがスゴイ!

アリス紗良オットさんがピアノを始めたのは

4歳の時だそうです

そして7歳の時にはコンクールで

初優勝しています

 

ピアノを始めたきっかけは

3歳の時に親に連れて行ってもらった

ピアノのリサイタルで

音楽の表現力のすばらしさに触れ

3歳でまだ物事をうまく伝えきれない

と思っていた自分がピアノだったら

相手にちゃんと聞いてもらえるのでは?

と思ったからだそうです。

3歳で!?それ感じる?

 

もともと才能があったとしか思えませんが

 

それからお母さんに絶対ピアニストになる

と言い続け4歳からピアノのレッスンに

行くようになったんだそうです

スポンサードリンク

アリス=紗良・オット 経歴

3歳の時にピアノの表現力に

魅せられたアリスさん

今までに色んなコンクールで

賞を受賞しています

そのすばらしい成績を紹介しますね

1995年が7歳で初めて優勝した

コンクールですね

[ 主な受賞歴 ]
1995年 ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝
1997年 スタインウェイ国際コンクール 第1位
1998年 イタリア・リゲッティ国際コンクール 第1位
1999年 ハンブルク音楽ホール・コンクール 第1位
2000年 グロートリアン・シュタインヴェーク国際コンクール第1位
2001年 ミュンヘン・カール・ラング・コンクール 第1位
2002年 ミュンヘン・カール・ラング・コンクール 第1位
2003年 リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージック・コンクール第1位
2003年 ケーテン・バッハ・コンクール 第1位&市長特別賞
2004年 ピエネロ・デルヴァルティドーネ国際コンクール優勝 (史上最高得点)
2005年 欧州ピアノ指導者連盟コンクール 第1位桂冠

引用:http://www.universal-music.co.jp/alice-sara-ott/biography/

このすばらしい成績

世界が注目するピアニストの実力は本物ですね

なんというか小さい頃から感性が素晴らしかった

としか言いようが無いですが^^

スポンサードリンク

アリス=紗良・オット アルバム

7歳のコンクール優勝から

すばらしい経歴をお持ちのピアニスト

アリス紗良オットさんですが

そんなアリス紗良オットさんの

ピアノ演奏を収録したアルバムが

すごい事になっているそうです

世界的な指揮者や名門のオーケストラと

共演を続け2015年にはコラボレーションアルバムを発売

このアルバムはイギリスの公式クラシック音楽チャート

の他世界25カ国のiTunesチャートで1位を記録しています

2016年には8枚目のアルバム「ワンダーランド」を

全世界で発売しています

アリス=紗良・オット セブンルール

最後にアリス=紗良・オットさんの

セブンルールを紹介します

  1. 本番前はルービックキューブ
  2. ステージの上では裸足
  3. 家でクラシックは聴かない
  4. 買い物はインターネットで
  5. ウイスキーはストレート
  6. 待ち時間は極力作らない
  7. 練習するより経験する

まとめ

アリス紗良オットさんは現在、ドイツ・ベルリンを拠点として

世界を回る演奏ツアーを行っています。

3歳でピアノの魅力に惹かれ

それからピアニストになると決意

しっかりと実績を残され

世界から注目を浴びる

アリス紗良オットさん

どんなセブンルールがあるんでしょうね?

番組が楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!