プレバトは芸能人の色々な芸術的な才能などを

引き出すという番組で毎回、生け花や

俳句、絵画などあらゆるジャンルの作品

作りに芸能人が挑戦しランク付けする番組ですね。

ダウンタウン浜田雅功の司会っぷりも

面白く見ています。

今回新たにドライフラワーを使った

企画がスタートしますね。

先生はフラワーデザイナーの

相澤紀子さん。

今回は相澤紀子先生や相澤先生が運営する

カントリーマムについて調べました。

<目次>

  • 相澤紀子 プロフィール・経歴
  • ドライフラワーとプリザーブドフラワー?違いは?
  • Country Momの学費や評判は?
  • まとめ

 スポンサードリンク

相澤紀子 プロフィール・経歴

出典:http://www.countrymom.co.jp

1959年、横浜生まれ。

八ヶ岳で星の写真を撮るのが趣味の夫に

同行するうちドライフラワーの色の世界に

魅せられて子育てをしながら講師資格を取得。

 

もともとフラワーデザイナーをされていたわけでなく

ご結婚されたあとにフラワーデザインに興味を

持って勉強されたんですね。

 

資格取得後に1997年横浜市青葉区あざみ野に

横浜初の本格的ドライフラワーショップ&スクール

カントリーマム」をオープンされます。

 

2005年にはプリザーブドフラワー専門アトリエを

新たにオープンされます。

 

そして色々なカルチャー教室で講師を務めた後

2008年には伊勢丹新宿店に新ブランド

「クリスタルドルチェ」を発表されています。

クリスタルドルチェはオンラインストアもありますね。

 

さらに2009年、東急百貨店たまプラーザ店専門店街2階に

  • プリザーブドフラワー
  • ドライフラワー
  • アーティフィシャルフラワー(造花)

を提案するオリジナルフラワーショップ&スクール

Country Mom」をオープンされました。

 

花屋さんは町に1件とかいうイメージですが

ドライフラワーショップというと

あまり知らないですね。

 

今流行のインスタ映えといえば

鮮やかな花束よりドライフラワーかも知れません。

 

ドライフラワー人気に火をつける事になるかも!

スポンサードリンク

ドライフラワーとプリザーブドフラワー?違いは?

ところでドライフラワーとプリザーブドフラワーって

何が違うんでしょうか?

 

その前にプリザーブドフラワーですが

リザード・フラワーだと思っていました。

リザード・フラワーが正式みたいですね^^;

 

プリザーブドフラワーって言いにくいので

ブリザードフラワーと呼び間違いされてるようです。

たしかにブリザードフラワーだと

「暴風雪の花」ですもんね^^;

 

プリザーブドフラワーとは生花や葉を

特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材のことだそうです。

 

自然乾燥ではなく特殊な液体を使うんですね。

しかも色もけっこう鮮やかなままです。

 

一方ドライフラワーは、そう自然乾燥

自然の花や葉、茎、果実なんかを乾燥させて

装飾等に使う物をドライフラワーと呼びます。

 

乾燥させるのでどんな花でも出来るということではなく

水分が多かったり花びらが薄い花は

ドライフラワーにしにくいようです。

スポンサードリンク

Country Momの学費や評判は?

さてドライフラワーに興味が出てきたところで

Country Momを運営されている相澤先生ですが

番組を見て相澤先生に習いたい!

と思う方も増えるかもしれません。

 

そこで気になるのは学費や評判ですね。

評判は今までの実績を見ると

言うまでもないと思います。

多くの生徒さんを教えていらっしゃるので

 

学費ですがドライフラワーのスクールは

月1回の開催でリースやスワッグ、花束やバスケット

などのアレンジを季節の花や木の実で制作

時間は10:30~12:30

受講料は花材費込・コーヒー付きで8,000円/回

クリスマス制作の場合は10,000円だそうです。

 

プリザーブドフラワーコースも8,000円/回~

あと通信教育もあるようです。

 

いずれのコースも入会金が必要になります。

興味がある方はCountry Momで検索してみて下さい^^

 

どんなものか知りたい!という方には体験レッスンも

されているようなのでチェックしてみて下さいね!

まとめ

プレバトで始まる新ランキング

ドライフラワーの講師相澤紀子さんについて

調べてみました。

最近のインスタ映えブームに乗り

ドライフラワー人気も出てきそうな

予感がしますね!

予告では100点満点の生徒も登場するようなので

誰が獲得するのか楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>新着記事はこちら<<